学校法人水野学園

Bag

Man & Object

バッグは複雑な立体縫製の技術を必要とするアイテムであり、意図するデザインを表現する為にはパターンの習熟度が大きく完成度に関わってきます。その難易度から比較的敬遠されてしまいがちな原寸図面に対しても積極的に授業に取り入れ、高いクラフトマンシップを目指します。バッグの原点はモノを運ぶというその機能にありますが、人の価値観やステータスを外部に向かって発信する、メッセージ性の強いオブジェとしての考察も授業の中で行われます。

Bag making requires thinking about 3D volumes in relation to the body. Pattern making skills are very important to transform 2D design through 3D sewing techniques. We teach a full range of crafting skills, from hand stitching to block molding and traditional leather treatments as well as new generation materials and techniques. We also introduce the concept of expressing an art message in Bag design.